Page Top

グループホーム百楽苑

共に思いやる心を大切にします

ホーム長ご挨拶

ホーム長 竹ノ内重樹

 

グループホーム百楽苑は、寿宝会の3番目のグループホームとして、平成17年1月に蒲郡市三谷町に開設されました。木造平屋の2ユニットで18名の方が入居されています。近くには弘法山やラグーナテンボスがあり、自然豊かな環境に囲まれています。テラスからは蒲郡市内が一望でき天然記念物の竹島も見る事ができ、日々利用者様も嬉しそうに眺めておられます。
百楽苑では利用者様が今までご自宅で過ごしてきた生活、ご本人様の意志を尊重し、お一人おひとりの方がその人らしく過ごすことができるよう支援を行わせて頂いております。特に施設に入居する事で今までの馴染の場所との関係が切れてしまわないよう、個別での外出の支援の機会を大切にしております。
また、「共に思いやる心」を施設の運営理念に掲げ、利用者様・職員が共に笑顔で日々を過ごす事を大切にしています。「今日も一日楽しかったね」と利用者様に感じて頂けるよう、行事やレクリエーション、催しを利用者様と協力し取り組んでおります。その中で利用者様のできる事、力を引き出し、いつまでもお元気で過ごして頂けるような支援を引き続き目指していきたいと思います。
今後ともご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

施設紹介
グループホーム百楽苑

- グループホーム -

介護職員が全て介助するのではなく、食事の支度や掃除、洗濯などを介護職員と共同で行うことであり、それによって認知症の進行がゆるやかになるという報告がなされています。 その方の本来の能力を充分に引き出し、出来ないところを介護職員が「サポートする」、「お手伝いする」、「見守る」、それがグループホームでの生活です。

《百楽苑での生活》

居室は全て個室で1ユニット9人の2ユニット合計18名の利用者様が暮らしています。
蒲郡市東部にある三谷海岸を眼下に見渡す山の中腹に位置し、蒲郡祭りの花火大会、竹島水族館、三谷祭りを始め、地元の行事に参加したり、近所の保育園への散歩や交流公園へ散歩したりおやつをそこで食べたり、職員とともに近所のスーパーへの買い物を行い、地域の中で生活することを大切にしています。
また、保育園や小中学校の行事や資源回収等を通じ、交流や協力を行っています。 認知症についての理解を深めていただくため地域向けに「認知症よろず相談」を周知したり、認知症家族の会への参加をし、地域からの要望があれば包括支援センターや法人内の他グループホームと協同で認知症サポーター講座を予定しています。
また、家族交流会では、縁日形式のお楽しみコーナーにチャレンジしていただき、楽しみながら運動機能の維持を図り、賞品がわりのおやつを利用者様と手作りして準備することで、傘下の意欲を高める工夫をする予定です。
ほぼ毎日、運動不足とならないようテレビ体操を行ったり、散歩や日常の家事を行っています「共に思いやる心」を運営理念とし、利用者様と職員、利用者様同士がお互いに理解し、協力しあい、役割をもって共に生活することを心がけて支援しています。

入居対象者

玄関

内観

テラスからの風景

アクセス

自然に恵まれた三河湾の風景。渥美半島と知多半島に囲まれ、波静かで温暖な気候。三河湾にぽっかり浮かぶ竹島は国の天然記念物。そんな生活環境で、ただ施設の中だけではなく、自然に親しみ、外出の機会を設け、一人ひとりの個性に合った生活を送れるよう支援させていただきます。

ラグーナ蒲郡

弘法山

あじさいの里

オレンジパーク

〒443-0021
愛知県蒲郡市三谷町南寺戸12-1

TEL:0533-66-6868
受付時間 8:45-17:45

交通のご案内 公共交通機関をご利用の場合
JR三河三谷駅より徒歩20分
お車をご利用の場合
国道23号線豊橋市街より車で約20分